理想の家づくりをするためには、依頼する建築会社との打ち合わせでご自身の希望や悩みをきちんと伝える必要があります。
そこで今回は、打ち合わせの期間や回数、打ち合わせのポイントついて主に解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

□打ち合わせの期間や回数はどれくらい?

建築会社との打ち合わせは、場合によってかかる期間や回数が異なります。
こだわりたい点が多い方は打ち合わせの回数も増えますが、建築会社に任せても良いという方だと短いスパンで進められるでしょう。

建築前のプランニングの段階の打ち合わせは最も期間が長く、回数も多くなります。
プランニングの打ち合わせは5から10回程度、かかる期間は3から6ヵ月くらいですが、打ち合わせの項目が多いと20回以上、期間が1年以上になるケースもあります。

建築が始まっても、仕様の確認のために打ち合わせは続き、完成後や引き渡しなどの際にも打ち合わせがあります。
1回目の相談から完成までの打ち合わせ回数は15回前後、期間は半年から1年とみておきましょう。

□家づくりの打ち合わせのポイントとは

続いて、打ち合わせ当日に注意したいポイントをご紹介します。

*要望を具体的に伝える

事前に練り上げた希望や予算は、できるだけ具体的に伝えておきたいところです。
例えば、「広いリビング」といったやんわりとした言葉ではなく、「吹き抜けのある開放的なリビング」というように、さらに言葉で説明してあげるとイメージの誤差は少なくなります。
また、家のイメージについては、画像やカタログなどを準備してそれを見せながら説明すると伝わりやすいです。
その他、予算の上限やこだわりたいポイントなどもしっかり伝え、家づくりの詳細な内容を会社と共有しましょう。

*疑問点は必ず質問し、納得したうえで話を進める

打ち合わせの内容はメモを取って整理しながら聞き、疑問点があれば質問をするようにしましょう。
疑問点を逐一解消し、納得をしてから打ち合わせを進めてください。

「詳細はよく分からないけど、おすすめと言われたからこれで良いだろう」といった具合で打ち合わせを進めると後で後悔することになりかねません。
また、後からプランを変更しようとすると、追加費用がかかりますし何より工期が遅れてしまいます。
1つ1つの項目をしっかり吟味し、後悔の無いように打ち合わせを進めてください。

□まとめ

本記事が皆様の参考になれば幸いです。
弊社では、機能美を追求した高い設計力、高いコストパフォーマンスを強みとし、家づくりを承っております。
高崎市・前橋市周辺で注文住宅をお考えの方は、気軽にご相談ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr