平屋にビルトインガレージを設置する際、やはり間取りについて不安を感じる方が多いのではないでしょうか。
そこで今回は ビルトインガレージに必要な広さや間取りの考え方について主に解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

□ビルトインガレージの広さの目安は?

国土交通省の「駐車場設計・施工指針」によると、駐車場として軽自動車には3.5坪、普通乗用車には4.5坪以上の敷地が最低限必要とされています。
ガレージのスペースも同様で、これくらいのスペースが必要になってくるでしょう。
もし、「収納スペースも作りたい」「車椅子の人も乗り込めるくらいの広さが欲しい」などの要望があれば、さらにスペースが必要になります。

続いて、ケース別で必要な広さを見ていきましょう。
まずは、30坪の土地に平屋とビルトインガレージを建てる場合です。
この場合は、車1台と2LDKまたは3LDKという間取りになります。
ビルトインガレージのスペースが5から7坪だとすると平屋にあてられるのは残りの23から25坪で、2LDKであれば余裕をもった間取りで、3LDKの間取りも可能です。

次に、車2台用のビルトインガレージを検討している場合です。
この場合、10坪以上の駐車スペースが必要です。
例えば40坪の敷地にビルトインガレージを建てる場合は、10坪を駐車スペースにあてたとしても残り30坪を居住スペースにあてられます。
このくらいの広さがあれば、3から4人家族でも広々と暮らせるでしょう。

□平屋にビルトインガレージをつくる際の間取りの考え方とは?

ビルトインガレージで最も注意しなければならないのが車の騒音・振動です。
特に夜間では、エンジン音で家族の睡眠を妨げてしまうようなことにならないようにしましょう。
ここで重要なのが、ガレージと寝室やリビングが隣り合わないように配置することです。

また、玄関とは別にガレージから直接家に入るためのドアを設置するのがおすすめです。
買い物や送り迎えの帰りなど、重い荷物を持って玄関までまわるよりも直接ガレージから家に入ったほうが明らかに負担は減ります。
そのため、設計の段階でガレージと家を結ぶ連絡通路を組み込んでおくと良いでしょう。

□まとめ

本記事が皆様の参考になれば幸いです。
弊社では、機能美を追求した高い設計力、高いコストパフォーマンスを強みとし、家づくりを承っております。
高崎市・前橋市周辺で注文住宅をお考えの方は、気軽にご相談ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr