間取りというと、リビングや寝室、キッチンの間取りを優先的に考える場合が多いでしょう。
しかし、トイレの間取りも軽視してはいけません。
そこで今回は 家づくりでトイレの位置にお悩みの方へ向けて、トイレの位置で失敗しないためのポイントと実際の失敗例について主に解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

□トイレの位置で失敗しないためのポイントとは

トイレは臭いや音が発生する場所であるため、その他の生活スペースとは可能な限り離れた場所に配置したいところです。
特に避けておきたい位置としては、人が集まりやすいリビングから視界に入ってしまう位置です。
人目を気にすることなくトイレを利用できるよう、リビングからは直接見えない位置に配置することが望ましいです。

また、トイレの水を流す音は、真下にある部屋から聞こえやすい傾向にあります。
そのため、2階以上のトイレに関してはその下にある部屋への考慮もしなければなりません。
例えば、寝室やリビングなどの上に設置してしまうと、寝ている間や食事中にトイレの音が気になってしまって生活に支障が出る可能性があるので注意しましょう。

□トイレの位置に関する失敗例について

1つ目に紹介するのは、「ある部屋からトイレまでの距離が遠すぎる」という失敗例です。
一般的な2階建て住宅で1階と2階のそれぞれにトイレを置く場合はあまり起こらない問題ですが、トイレを1階の玄関付近だけに置こうとしている場合は、少し注意が必要です。
間取り次第では、2階の廊下を通って階段をおり、1階のリビングを通ってようやくトイレに到着する、といったことも起こり得ます。

特に小さなお子さんがいる場合は、夜中の急なトイレが心配になるでしょう。
こういった場合は、2階にもトイレを設置したり、1階に置くトイレの場所を考え直したりするなどの対応を取りましょう。

2つ目に紹介するのは、「トイレからの音が筒抜けになってしまった」という失敗例です。
リビングやダイニングからトイレへの距離が近すぎると、トイレから聞こえる音が気になるかもしれません。
用を足す際の音というのは聞かれる方はもちろん、聞く方だってあまり良い気はしないはずです。
そこで、トイレと生活スペースの間にもうひとつ空間をはさめると音の問題は軽減されるでしょう。

□まとめ

本記事が皆様の参考になれば幸いです。
弊社では、機能美を追求した高い設計力、高いコストパフォーマンスを強みとし、家づくりを承っております。
高崎市・前橋市周辺で注文住宅をお考えの方は、気軽にご相談ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr