マイホームの購入は何歳ですべきなのか、と購入するタイミングに悩む声はよく聞かれます。
いちがいにベストなタイミングというものは存在しませんが、購入時の年齢で変化が出てくるのも事実です。
そこで今回は、注文住宅のローン返済開始時の平均年齢や年齢による返済の違いについて解説します。

□注文住宅を買った人の平均年齢は?

国土交通省の調査によると、新築の一戸建て(注文住宅と分譲住宅)とマンションでは、40代手前で購入する方が最も多く、中古になると40代を少し過ぎてから住宅を購入した人が最多であることが分かりました。

具体的な数字を見ると、注文住宅購入時の平均年齢は39歳、分譲戸建は37歳、中古戸建は43歳、中古マンションは45歳でした。

なお、ここでいう平均年齢は世帯主が初めて住宅を購入した時の平均年齢、と定められています。

□年代別のローン返済について

住宅ローンは、早めに借りて返済期間を長くするほど月々の返済額は少なくなり、住宅購入時の年齢が高いほど返済期間も短縮化され、月々の返済額は大きくなります。

以下では、年代別の返済シミュレーションを見てみましょう。

*20代で注文住宅を購入する場合

20代のうちにローンを借りれば、定年までの月々の返済に余裕ができるというメリットがあります。

25歳で3500万円の注文住宅を購入し、35年かけてローンを返済していく場合、月あたりの返済額は94000円になります。
20代だと出費も多く資金状態が万全でない場合もあるため、この時期での購入は要検討です。

*40代で注文住宅を購入する場合

晩婚化の風潮もあり、40代で注文住宅を購入する人も多くいます。
40代でのマイホーム購入なので、老後の生活を想定した間取りにし、住み替えなしで住み続けられるようにするのがポイントです。

45歳で3500万円の家を購入し、15年かけて返済していく場合、月あたりの返済額は192000円になります。
返済期間が15年と短い分、20代で購入した場合と比べて月々の負担は約2倍になってしまいます。

資金に余裕がある場合は頭金を多めに入れてローン借入額を減らしたり、繰り上げ返済を利用するなどして月々の負担を軽減しましょう。

□まとめ

今回は、ローン返済開始時の平均年齢、年齢による返済の違いについて解説してきました。
購入する年齢によってメリットとデメリットの双方が存在するため、資金状況を加味しながらベストなタイミングを検討してみてください。

また、高崎市・前橋市周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr