注文住宅で住宅ローンを組みたいが、手続きがよく分からないという方はいらっしゃいませんか。
今回は、具体的な例を挙げて、流れと注意点を解説していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

□手続きの流れとは?

注文住宅で資金計画に余裕を持たせるためには、
手続きの流れごとに必要となる自己資金について理解しておくことが重要です。

まずは、自己資金が必要となる段階で、注文住宅の手続きの流れについてご紹介します。
大まかな流れとしては、土地売買契約を交わした後、土地決済引き渡しに移ります。
そして最後に、建物竣工引き渡し決済を行います。

次に、住宅ローンの流れについてご紹介します。
土地売買契約を交わすと、土地と建物の住宅ローン申込みの承認を済ませましょう。
そして、土地決済引き渡し時に土地分の融資を実行してもらいます。
その後各種工事を行い、建物竣工引き渡し決済時に建物分の融資を実行してもらうという流れです。

最後に、必要な自己資金についてご紹介します。
まず土地売買契約時には、土地手付金がかかることを理解しておきましょう。
また、土地分と建物分の金銭消費貸借契約時に住宅ローンの諸費用がそれぞれかかります。
そして、土地決済引き渡しを済ませると、建物設計費や工事着手金、建物中間金が必要です。
さらに、建物竣工引き渡し決済時には火災保険料や引っ越し費用がかかります。
これらをもとに入念な資金計画を立ててみてくださいね。

□ローンを組む際の注意点とは

住宅ローンの流れが掴めたところで、注意点について2点解説します。

1点目は、住宅ローンを申し込む際に土地と建物をセットで申し込むのが原則だということです。
2点目は、土地と建物で融資が行われるタイミングが違うことを理解しておくことです。

また、注文住宅では引き渡しまでに数回にわたって支払いの必要があります。
その間に住宅ローンの融資がないと困りますよね。
そのため、自己資金で足りない場合は、つなぎ融資を利用することをおすすめします。
つなぎ融資とは、注文住宅を建てる時に必要な着工金や中間金などを一時的に借りられるローンのことです。
借りたお金は住宅ローンが実行されたら、そのお金を利用して返済していきます。
こうした制度を知っておくと役に立つこともあると思いますので、ぜひ知っておいてくださいね。

□まとめ

今回は、注文住宅での住宅ローンの流れと注意点について解説しました。
この記事が皆様の参考になれば幸いです。
注文住宅をお考えで、他にもご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr