群馬県高崎市、前橋を中心に新築住宅や建て替え、リフォームを行っているLifeDesignHouse一級建築士事務所です。

「間取りはどのように決めていけば良いのだろうか」
このような疑問をお持ちの方は多くいらっしゃいます。
実際に住み始めてから後悔しないようにするためにも、いくつか考えておきたいことが存在します。
そこで今回は、間取りの決め方について詳しくご紹介します。

□間取りを決める際のポイントをご紹介!

間取りを決める際にはいくつか押さえておきたいポイントがあるため、ここで詳しくご紹介します。

まず、家族の意見を整理しておくことが挙げられます。
使いやすいキッチンが欲しいお母さんや、自分の仕事場が欲しいお父さん、
自分の部屋が欲しい子どもたちといったように、家族の立場によってそれぞれ要望が異なります。
そのため、家族全員がある程度納得できる住宅をつくるためにも、
事前にしっかりと家族の間で話し合っておくことが大切です。

次に、優先順位を決めていくことが挙げられます。
全ての要望を予算内で実現するのは難しいことが多いため、優先順位を考えておくことをおすすめします。
特に、後から変更できない要素は優先的に取り入れるようにすると間取りが決めやすくなります。

最後に、動線について考えておくことが挙げられます。
動線というのは住宅の中での人の動きを線として考えるものになります。
家事がしやすい間取りかどうか、朝に出勤や通学の準備をする際に
混雑しにくい間取りになっているかどうかといったことを考えていきましょう。

ただ、動線は自分たちだけで決めていくのは難しいため、
お困りの際は当社のような住宅のプロにお気軽にご相談ください。

□間取りの失敗例から考えられること

先ほどは間取りを決める際のポイントについてご紹介しました。
ここからは、間取り決めで後悔しないためにいくつかの失敗事例をご紹介します。

まず、収納のスペースを深く考えていなかったことが挙げられます。
例えば、広めのウォークインクローゼットを作ったにもかかわらず、
入れる予定だったタンスの高さが合わなかったという失敗があります。
その他、居住スペースに着目しすぎるあまり、収納スペースが足りなかったという失敗もあります。

快適に生活する上では、収納スペースは非常に重要になります。
そのため、どの程度の収納スペースが必要なのかということは、事前にしっかりと把握しておきましょう。

次に、コンセントの位置が挙げられます。
コンセントの位置についてあまり考えずに間取りを決めてしまうと、
快適に暮らすために欠かせない家電製品が使いにくくなってしまいます。

延長コードを活用する方法がありますが、見栄えが悪くなったり、
足を引っかけて怪我につながったりする恐れがあります。
それゆえに、コンセントの位置を考えておくことは重要と言えるでしょう。

以上がよくある失敗事例になります。
上記のような失敗をしないためにも、間取りを決められる際はぜひ注意して考えるようにしてくださいね。

□まとめ

今回はマイホームの購入を検討されている方に向けて、間取りの決め方をご紹介しました。
住みやすい住宅にするためには慎重に間取りを決めていくことが重要になります。
その際は、今回ご紹介した内容を参考にして間取りを決めていってくださいね。
また、住宅に関して何かお困りごとがあれば、お気軽にLifeDesignHouse一級建築士事務所までご相談ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr