群馬県高崎市、前橋を中心に新築住宅や建て替え、リフォームを行っているLifeDesignHouse一級建築士事務所です。

注文住宅の購入を検討している方の中には、バリアフリーな住宅にしたいとお考えの方もいらっしゃると思います。
バリアフリー化された住宅にするためには、気をつけておきたいポイントがいくつか存在します。
この記事では、その気をつけておきたいポイントと、特にバリアフリー化しておきたい箇所について紹介します。

□バリアフリー化された住宅にするために気をつけておきたいポイント

まずは、バリアフリー化された住宅にするために気をつけておきたいポイントについて紹介します。

1つ目のポイントは、転倒と転落を防止するための設備を導入することです。
住宅内で転倒や転落をすることによって、命を落とす方が毎年いらっしゃいます。
このような不慮の事故を予防するためには、この2つのリスクを最大限に回避できる住宅設備が必要です。
このような事故で最悪の事態になってしまわないためにも、しっかりと対策を講じましょう。

2つ目のポイントは、高齢の方でも一人で安全に生活が送れるようにすることです。
バリアフリー化された住宅をお考えの方の多くは、家族や自分の将来を見据えて、住宅の設計をしていると思います。
しかし、どのような設備を導入すれば良いのか分からなくてお困りの方もいらっしゃるでしょう。

住宅のバリアフリー化を考える際には、高齢者の方が一人で安全に生活ができる環境をつくることが大切です。
また、介護が必要となった時のことも考えながら設計すると、失敗するリスクを減らせるでしょう。

□特にバリアフリー化しておきたい箇所

次は、特にバリアフリー化しておきたい箇所について紹介します。

1つ目は、お風呂場です。
お風呂場は、滑りやすいので、高齢の方が怪我をしてしまうリスクが高い箇所の1つです。
そのため、滑りづらい素材が使われた床にしたり出入り口の段差をなくしたりして、対策を講じましょう。

2つ目は、階段です。
高齢になるにつれて、脚を悪くする方は多いです。
そんな方でも安全に生活を送れるようにするためには、階段に手すりを設けたり、段差に工夫を凝らして上り下りしやすい環境を整備したりすることが大切です。

□まとめ

今回は、バリアフリー化された住宅にするために気をつけておきたいポイントと、特にバリアフリー化しておきたい箇所について紹介しました。
老後の生活などを考えてバリアフリー化された住宅を希望している方は、この記事で紹介した内容を参考にしてみてください。
高崎市で家づくりをお考えの方は、お気軽にご連絡ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr