注文住宅を建てようと思っている方の中には、お風呂についてお悩みの方もいらっしゃると思います。
日々の疲れを癒せるリラックスできる空間にしたいですよね。
この記事では、注文住宅のお風呂を考える際のポイントについて紹介します。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□浴室の種類について

まずは、3つの浴室の種類とそれぞれの特徴について紹介します。

1つ目は、ユニットバスです。
これは、床や浴槽などの部材をあらかじめ工場で作り、現場でそれらを組み立てるタイプのものです。
浴室内の壁のカラーや照明などの細かい箇所の変更は可能ですが、基本的に浴室自体がパッケージ化されているので、サイズ変更などの大掛かりな変更ができないという点に注意が必要です。

2つ目は、造作風呂です。
これは、ユニットバスのようにパッケージ化されていないため、浴室を1から現場で作り上げるタイプのものです。
住宅の浴室のサイズに合わせて自分でカスタマイズできるので、自由度が高いのが特徴です。
自分が理想とする浴槽を自分自身で作れるのは非常に魅力的ですよね。

3つ目は、ハーフユニットバスです。
これは、浴槽や床などの部分はあらかじめセットされていますが、壁や天井などの部分は自分でアレンジを施せるタイプのものです。
ユニットバスと造作風呂の中間にあたるタイプだと考えれば、想像しやすいかもしれません。

決められた範囲内でアレンジができるのは魅力的ですが、現時点では商品のバリエーションが少ない点を覚えておきましょう。

□注文住宅のお風呂を考える際のポイントについて

次は、注文住宅のお風呂を考える際のポイントについて紹介します。

1つ目のポイントは、カラー選びです。
お風呂場のカラーは汚れを目立ちにくくするために白を採用する方が多いですが、その他にもさまざまな選択肢があります。
例えば、黒を選べば高級感を演出できます。
このように選ぶカラーによって雰囲気などが大きく異なるので、自分好みのカラーを選びましょう。

2つ目のポイントは、大きさです。
お風呂場をリラックスできる空間にするためには、適切な大きさを確保することが大切です。
狭すぎず大きすぎない、自分や家族のライフスタイルに合う大きさの浴槽・浴室にしましょう。

□まとめ

この記事では、注文住宅のお風呂を考える際のポイントについて紹介しました。
お風呂について考える際には、今回紹介した内容を参考にしてみてください。
注文住宅に関して何かご質問がありましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr