注文住宅をお考えの方へ!自然素材の家の特徴を紹介します

2021.11.07

「注文住宅に自然素材を取り入れたい」
「住宅に使われる人気の自然素材を知りたい」
このようにお考えの方は多いと思います。
自然素材を取り入れると、一般的な家にはない魅力を持つ家を実現できます。

しかし、自然素材の家にどんな特徴があるか分からない方は多いでしょう
そこで今回は、自然素材の家の特徴を紹介します。

 

□自然素材の家の特徴を紹介

自然素材を多く取り入れた家にはどのような特徴があるのでしょうか。
以下では、自然素材の家の特徴を紹介します。

1つ目は、自然を身近に感じられることです。
自然素材を多く取り入れると、自然をより身近に感じられます。
無垢材や漆喰の壁は、肌触りが良く、自然由来の質感や香りを楽しめます。

2つ目は、健康に優しいことです。
一般的な家に用いられる材料には、加工の過程で有害な化学物質が使用されている場合があります。
一方で、自然素材は有害な化学物質を使用していないため、健康に優しい家を作れます。
そのため、新築住宅に住み始めるとよく発症するシックハウス症候群が起こる可能性がありません。

3つ目は、適当な湿度を維持できることです。
無垢材や漆喰には、自然の調湿機能が備わっています。
室内の湿気が多い時には自然素材が湿気を吸収し、湿気が少ない時には自然素材から水分を放出します。
これにより、除湿器や加湿器を使わなくても、年間を通して適当な湿度を維持できます。

 

□よく使われる自然素材を紹介

次に、家の建築によく使われる自然素材を紹介します。

 

*無垢材

無垢材とは、1本の天然木からそのまま木材を切り出した素材を指します。
建材やフローリング材として使用されることが多いです。
天然の木をそのまま使用しているため、木本来の質感や香り、温もりを感じやすいです。
使用される木の種類として、スギやヒノキ、ナラやケヤキなどが挙げられます。

 

*漆喰・珪藻土

漆喰や珪藻土は、塗り壁の仕上げに使われる内装材です。
耐火性や調湿性に優れています。
また、塗り方によって独特の模様になり、雰囲気のある部屋を作れます。
特に、和風な雰囲気の部屋を作りたい方には、おすすめです。

 

□まとめ

以上、自然素材の家の特徴を紹介しました。
家の様々な場所に自然素材を取り入れることで、より自然を身近に感じられます。
今回の記事を参考に、注文住宅に自然素材を取り入れてみてください。

当社では、注文住宅を建てたい方のご相談を受け付けております。
お困りのことがございましたら、気軽にご相談ください。