注文住宅をお考えの方へ!吹き抜けに関するよくある後悔と対策を紹介!

2021.12.08

「注文住宅に吹き抜けを取り入れたい」
「後悔しない吹き抜けを作りたい」
このようにお考えの方は多いと思います。
注文住宅を建てる際、吹き抜けを取り入れる方は多いです。

しかし、事前にポイントを押さえて設計しなければ、後悔する可能性が高いです。
そこで今回は、吹き抜けのよくある後悔と対策を紹介します。

 

□吹き抜けのよくある後悔をご紹介!

最初に、吹き抜けに関するよくある後悔を紹介します。

1つ目は、2階が狭くなることです。
吹き抜けを作ると1階と2階がつながるため、その分2階が狭くなります。
家族構成や住宅全体の広さによっては、吹き抜けを作ることで狭く感じる可能性があります。

2つ目は、掃除が大変になることです。
当然ですが、吹き抜けを作ると定期的に吹き抜けを掃除する必要があります。
しかし、吹き抜けは手の届きにくい場所にあるため、掃除が大変です。
特に、窓がある場合は周辺にほこりや蜘蛛の巣がつきやすいため、放置しておくと見た目も衛生面も悪いです。

3つ目は、光熱費が高くなりやすいことです。
吹き抜けがあると空間全体が広くなるため、光熱費が高くなりやすいです。
吹き抜けがない部屋よりも空調の効きが悪くなるため、適温になるまで時間がかかったり、設定を強くしたりする必要があるからです。

4つ目は、湿気に弱くなることです。
吹き抜けを北に配置すると、湿気に弱くカビが生えやすくなってしまいます。
理由は、北側の吹き抜けは日差しが入りにくいからです。
そのため、北側に吹き抜けを作ることはおすすめしません。

 

□吹き抜けで後悔しないためには?

それでは、吹き抜けで後悔しないためにはどのようなポイントを押さえれば良いのでしょうか。

 

*高気密高断熱にする

高気密高断熱の住宅にすると冷暖房効率が上がるため、吹き抜けがある部屋でも空調の効きが良くなります。
さらに、他の部屋との温度差も少なくなるため、住宅全体が住みやすくなります。
加えて、冷暖房効率が上がることで、光熱費の高騰も抑えられます。

 

*シーリングファンを設置する

吹き抜けがある部屋では、暖かい空気が上部に溜まりやすくなります。
そのため、冬に室内が暖まりにくくなる可能性があります。
シーリングファンを設置すると室内の空気をかき混ぜるため、上部の暖かい空気が下部まで流れます。
そうすることで、室内を暖かくしやすくできます。

 

□まとめ

以上、吹き抜けのよくある後悔と対策を紹介しました。
あらかじめ失敗例について知っておくことで、しっかりと対策できます。
今回の記事を参考に、快適な吹き抜けを作ってください。

当社では、注文住宅を建てたい方のご相談を受付中です。
ご不明点等ございましたら、お気軽にご相談ください。