マイホームの建築において収納は重要な要素の1つです。
収納にどれぐらいの広さを確保するのか、迷いますよね。
一度収納を作ってしまえば変更は簡単ではありません。
そのため、じっくり検討して作る必要があります。
そこで今回は収納のポイントと収納スペースを作るコツについてご紹介します。

□収納のポイントとは?

収納は数が多ければいいというわけではありません。
ここでは収納の2つのポイントについて説明します。

1つ目は、持ち物と収納する場所を検討することです。
現在自分が持っているものをどこに収納したいのか、今何が片付いていないのかをリストアップするのがおすすめです。
ものの定位置を決めておくことで収納の効率は格段に上がります。
収納は増えれば増えるだけどこに片づけてあるかわかりづらくなります。
そのため、何をどこに収納したいのかを明確にしておくことで、収納の数を厳選でき、探し物も減らせます。

2つ目は、費用対効果を考慮することです。
収納を広くすると当然その分だけ建築費用も上がります。
そのため、予算についても考慮する必要があります。
細かい仕切りのある収納は高価なものが多いため、棚を職人さんに作ってもらったり、収納ボックスを適宜使用したりすることでコストを抑えられます。

□収納スペースを作るコツとは?

ここでは玄関、リビング、キッチンの収納について説明します。

*玄関のコツ

玄関は靴だけでなく、傘や子供の遊び道具、趣味の道具などさまざまなものを収納できるようにしておくと便利です。
またコートなどをかけておくスペースもあると良いです。

*キッチンのコツ

キッチンは調理器具や家電を置くので、収納のスペースを大きめに確保しておくと良いです。
棚には食器などを入れておくことが多いですが、奥行きを小さめに設定して管理しやすくすると良いです。

*リビングのコツ

リビングは家族が集まるスペースなので、ものが散らかりやすい傾向にあります。
そのため、家族それぞれのものを置きっぱなしにしないような収納があると便利です。
また、家族共用の小物などは小さい棚を設置してそこに置いておくとなくすリスクを減らせます。

□まとめ

今回は収納を設置する際のポイントと収納スペースを作るコツについてご紹介しました。
収納スペースはありすぎるとどこにものを片付けたのか分かりにくくなってしまうため、自分のライフスタイルを考慮した収納を検討することが大切です。
高崎市・前橋市周辺で注文住宅をご検討の方は当社までご連絡ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr