群馬県高崎市、前橋を中心に新築住宅や建て替え、リフォームを行っているLifeDesignHouse一級建築士事務所です。

マイホームを手にするというのは、誰しも一度は夢見たことがあるのではないでしょうか。
またマイホームの購入は、人生の三大出費に数えられることもあるほど、お金のかかるイベントでもあります。
そのため、いつ購入するか、が大きなポイントになります。

今回は、そんなマイホームを買うタイミングについてご紹介します。

□マイホームを買うタイミングとは

マイホームを買うタイミングに、正解はありません。
ご家庭によって、ベストなタイミングは違いますが、タイミングを見極める上で注意すべき事や考えておくべき事がありますのでご紹介します。

■結婚後すぐの購入を考える場合は、十分な貯蓄と結婚後の生活費の把握が必要です。
結婚後すぐは、家計の状況を把握することが難しく、住宅資金を見積もりにくいです。
また、現在の生活だけではなく、出産や育児が始まった時、共働きになった時などを想定して柔軟に対応できるかシミュレーションしておく必要があります。

■家を買うタイミングで最も多いのは、子供が産まれた時です。
子供が産まれるタイミングで購入を考える場合は、子育てのしやすさに焦点を置くことが大切です。
幼稚園や、小学校はどこに通わせるのかなど、考えた上で場所を選ぶ必要があります。

■子供が入園、入学する前のタイミングで購入される方も多いです。
子供が学校に通い始めてからの購入は、転校が生じて、子供に負担をかけてしまう可能性があるので避けたいですよね。
また、40代を過ぎてからは、住宅ローンを組むことが難しくなっていくことも覚えておく必要があります。

■近年増加しているのは、定年退職後、夫婦二人になってから家を買うパターンです。
定年退職後の購入は、老後資金のバランスに気をつけましょう。
終の棲家はあるものの、生活資金がないとなっては、本末転倒です。

□マイホームを購入する前に考えるべきことをご紹介!

*住宅の種類

購入する住宅の種類で費用は大きく変わります。
新築なのか、中古なのか、マンションなのか一戸建てなのか、自分の資金と相談しながら決めなくてはなりません。
平均的に見ると、購入額の3分の2程度をローンで賄う方が多いようです。

*物件費以外の費用

考えなければいけないのは、物件費以外ではありません。
マイホームを手にすると、仲介手数料や不動産取得税だけでなく、毎年の固定資産税を払うことになります。
マンションであれば管理費、一戸建てであれば家が老朽化した場合の修繕費も必要です。

このように、マイホームを手にする時には、かなり長い目で支出を考える必要があるのです。

□まとめ

今回は、マイホームを買うタイミングと、買う前に考えておくべきことをご紹介しました。
マイホームの購入に、焦りは禁物です。
購入後継続的に必要となる費用も少なくありません。
じっくり考えることが大切です。
高崎市・前橋市周辺でマイホームの購入を検討中の方は、ぜひLifeDesignHouse一級建築士事務所にご相談ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr