群馬県高崎市、前橋を中心に新築住宅や建て替え、リフォームを行っているLifeDesignHouse一級建築士事務所です。

注文住宅を建てる際には、デザインや間取りも大切ですが、断熱性能も見逃すことはできません。
夏は涼しく、冬は暖かい住宅に、断熱性能の高さは欠かせないのです。
しかし、断熱材のことはよく分からないという方も多いでしょう。
そこで今回は、断熱材の種類と選び方についてご紹介します。

□断熱材の種類

断熱材は、原料によって大きく3種類に分けられます。

鉱物系

鉱物系の断熱材は、燃えにくく熱に強いですが、湿気に弱いものが多いです。
低価格な分、断熱性能の高さは低いです。
ガラスを細い繊維状に加工したグラスウールは、比較的安価で吸音性が高いです。
玄武岩やスラグという鉱物を繊維状にした、ロックウールは撥水性が高いのが特徴です。

石油系

・ウレタンフォーム
・ポリエチレンフォーム
・ポリエステル
・ポリスチレンフォーム
・フェノールフォーム
など種類が豊富です。
板状に形成されているため、施工しやすく、熱伝導性が高いという特徴があります。

自然系

自然系の断熱材は、製造過程で排出する二酸化炭素が少ないため、環境に優しいです。
ただ、価格が高めで、扱っている施工業者が少ないという側面もあります。
セルロースファイバーは、新聞紙や段ボールの能力を活かして、内部の結露を防いでくれます。
ウールは、羊毛に防虫処理を施したもので、耐久力と耐湿力に優れています。

□断熱材の役割と選び方

断熱材は、建物の外側と内側の熱移動を防いでくれるものです。
夏の暑さや、冬の寒さを遮って、室温を一定に保つ手助けをしてくれます。
断熱性能が低いと、冷暖房効率が下がり外温の影響をもろに受けてしまいます。
最近では、断熱材の性能もかなり向上し、断熱性、気密性共に優秀な素材が多くあります。

断熱材を選ぶ際には、
・防火性、耐火性
・燃えた時の有毒ガスの発生の有無
・吸湿性
・気密性
これらがポイントになってきます。

しかし、完璧な断熱材は存在しませんし、大切なのは住宅の外部環境にあった断熱材を選ぶことです。
自分の住宅を建てる土地の気候にどんな断熱材があっているのかは、我々業者が一番よく分かっていますので、迷ったら相談してくださいね。

□まとめ

今回は断熱材の種類と、選ぶ際のポイントをご紹介しました。
断熱材がしっかりしていると、冷暖房の効率が上がり、家を快適な温度に保つことが楽になるため、電気代の節約にもなります。
高崎市・前橋市周辺で、断熱材のことでお困りの方は、ぜひLifeDesignHouse一級建築士事務所にご相談ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr