注文住宅を計画すると、家の外壁から内装までこだわりを入れた住宅にしたいですが、各場所にどれくらいの費用をかけるのが良いのかはわからないことが多いです。
そこで今回は、洗面台にかける費用や費用の抑え方を紹介します。
注文住宅を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

□造作洗面台の費用の相場とメリットについて

まずは、洗面台のこだわり方です。
SNSなどで目にするおしゃれな洗面台のほとんどは、ゼロからパーツを選んで作ってもらう「造作洗面台」という洗面台です。
タイルや鏡の形など、細部まで選んで個性溢れる洗面台を作れる良さがあります。

次に、メリットです。
造作洗面台は、家の他の部屋との統一感を持たせたい場合でもパーツを自分で選べるため、統一感を出しやすい上に高さや大きさも自由に変更できます。
自分や家族が使いやすい洗面台を作れるため、こだわりたい方には非常におすすめです。

最後に、費用です。
造作洗面台にかかる費用は使われる素材や量によって変わりますが、相場10万円からで、こだわった場合でも20〜30万円が目安の値段です。
あくまで目安なので、専門業者と話し合って費用を出してもらうようにしましょう。

□洗面台の費用の抑え方について

ここでは、洗面台にかける費用の抑え方を3つ解説します。

1つ目は、通販や自主制作です。
洗面台のデザインや飾り付けなどに必要なものを通販で揃えて、自分で施工することで費用を抑えられる上、自分の思い通りに作れる良さがあります。
また、壁の厚みを利用したオープン棚にすることでも、費用を抑えられるのでおすすめです。

2つ目は、造作の洗面台はシンプルにすることです。
デザインに関しては、とことんこだわることもできますが、こだわる程かかる費用も大きくなるので、なるべくシンプルなデザインの洗面台にすると費用を抑えられるでしょう。
また、洗面台の下はオープンにすることで、費用を抑えつつ湿気対策をすることも可能です。

3つ目は、造作ではなく既製品を選ぶことです。
洗面台の費用を抑える場合は、造作ではなく大量生産していて一般に普及している既製品を選ぶことで、費用を抑えられます。
また、建売用の洗面台を選ぶとさらに費用を抑えられるのでおすすめです。

□まとめ

この記事では、洗面台にかける費用や費用の抑え方を紹介しました。
造作洗面台のデザインには憧れますが、元の洗面台の費用を安く抑えて後から自分でこだわってDIYすることも可能なので、予算と相談しながら工夫するようにしましょう。
高崎市・前橋市周辺で新築のお悩みがある方は、ぜひ一度当社にご相談ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr