住宅を購入する際には、毎年固定資産税の支払いが義務となります。
今回は、固定資産税の目安と計算方法、固定資産税について知っておくべきことをご紹介します。
これから住宅の購入をお考えの方は、ぜひご参考にしてください。

□住宅にかかる固定資産税の目安と計算方法をご紹介します!

固定資産税の目安は、年間で約10万円から15万円です。
しかし、これはあくまで目安であり、一戸建て住宅それぞれで固定資産税が異なるので注意が必要です。
年間10万円から15万円と想定すると、月に1万円前後の固定資産税がかかる計算になります。

ここからは、実際に固定資産税の計算方法をご紹介します。

まず初めに、一戸建ての固定資産税評価額を調べます。
固定資産税評価額とは、土地や建物の固定資産税を計算するための基準価格のことです。
中古住宅を購入する際は、不動産会社へ問い合わせることで知ることができ、新築住宅を購入する際には、購入後の家屋調査で分かります

次に、固定資産税評価額に税率をかけます。
一般的に標準税率は、1.4パーセントと定められています。
固定資産税の税率は各市町村が決定権を持っているので、正確に税率を知りたい場合は各市町村に問い合わせましょう。

中古住宅に限りますが、建物部分の評価額に経年減点補正率をかけます。
建物部分のみを経年減点補正率にかけて、土地にはかけないので注意してください。
経年減点補正率は、法務局が公開しています。

最後に、軽減措置を適用します。
住宅用地に対する特例措置は、200平方メートルまでの土地は評価額が6分の1となり、200平方メートル以外の土地は3分の1として計算されます。

建物の特例措置は、購入した新築だった場合に適用されます。
家を建ててから3年間、家の税率が2分の1になります。
ある一定の条件を満たせば、2年追加して5年間の減税を受けることが可能です。

□固定資産税について知っておくべきこととは?

固定資産税の目安や計算方法をご紹介しましたが、ここからは事前に知っておくべきことをご紹介します。

1つ目は、固定資産税の支払い方法の種類です。
窓口での現金支払いや振り込みが一般的です。
納税通知書に記載されている内容を確認しましょう。

2つ目は、評価額に疑問点がある場合は審査の申し出ができることです。
評価額が思った以上に高いと思ったときには、申し出をして見直してもらいましょう。
納税通知書を受け取った翌日から60日以内に、固定資産評価額審査委員会に審査の申し出をできます。

□まとめ

今回は、固定資産税の目安と計算方法、知っておくべきことをご紹介しました。
計算することで、支払う金額を前もって貯められるでしょう。
当社では、高崎市・前橋市周辺でお客様に寄り添った住宅づくりを行っております。
住宅の固定資産税にお悩みの方は、当社までお気軽にご相談ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr