高崎市・前橋市周辺で新築のコンセントの数をどうしたら良いのか悩みの方はいらっしゃいませんか。
コンセントの配線が失敗する原因は、コンセントの数だけでなく設置する位置も関係しています。
今回、「コンセントの数と位置の目安」と「コンセントの配線の失敗例」についてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□コンセントの数と位置の目安について

*コンセントの数の目安

コンセントの数の目安は、掃除機を使える範囲を1つの基準として考えます。
この基準から1室にどれくらいのコンセントの数が必要になってくるか分かります。

例えば、居室での目安は4.5畳〜6畳で3個、6畳〜8畳で4個、8畳〜10畳で5個です。
1箇所にコンセントを2口させても1個として扱っているため4.5畳〜6畳で6口ほどあると良いでしょう。

家具の後ろにコンセントがあると、掃除機をかける基準の数が変わるため注意しないといけません。
このように、コンセントの数だけを基準に設置すると失敗してしまうため、コンセントの位置も重要です。

*コンセントの位置の目安

コンセントの位置の目安は、家の間取りや家具・家電の位置から考えます。
家族が暮らしやすい間取りを考えて充電したり、家電を置いたりする場所にコンセントが必要です。

例えば、寝る時にベッドで充電したい場合、ベッドの近くにコンセントを設置することで充電できます。
そういった間取りや家具・家電の位置によって、コンセントの位置を考慮しましょう。

□コンセントの配線の失敗例について

1つ目は、設置する数に重点をおくことです。
数が多くても、使えなかったら意味がありません。
コンセントを設置する際は、家具の配置やスペースを考慮することが対策として挙げられます。

ただし、コンセントにプラグを挿したまま、コンセントの前に家具を設置するのは避けましょう。
プラグ周りにほこりが溜まります。
食器棚などの裏の場合は、油が飛んで火事の原因になるので特に注意しましょう。

2つ目は、欲しい場所にコンセントが無いことです。
キッチンや玄関、駐車場などでコンセントがなくて困ったという失敗例が多いと言えます。

□まとめ

今回、「コンセントの数と位置の目安」と「コンセントの配線の失敗例」について情報をお伝えしました。
家の間取りを考えることで、事前に電化製品に使うコンセントの数とどこに設置するかを考えることが重要です。
高崎市・前橋市周辺で新築のコンセントの数をどうしたら良いのか悩みの方はぜひ、当社までご相談ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr