「ワンフロアの空間であるため、家族同士のコミュニケーションが取りやすい」
このような考え方から、平屋は幅広い世代で支持されており人気が上がってきています。
今回は、平屋のメリットとデメリット、及び採光を確保する間取りとインテリアについてご紹介します。
家づくりの際にぜひ活かしてみてください。

□平屋のメリットとデメリット

*平屋のメリット

1つ目は、広々とした開放的な空間が味わえることです。
平屋は生活空間が横に大きく広がっているため、存分に開放感を味わえます。

2つ目は、地震に強い家づくりを行いやすいことです。
平屋は、2階建ての家に比べて建物の土台が支えなければならない重量が小さいため、地震に強い家づくりを行いやすいです。

3つ目は、老後も安心して暮らせる環境づくりができることです。
平屋は階段がなく上下移動する必要がないため、足腰への負担が少なかったり車椅子での移動を比較的容易に行えたりといったメリットがあります。

*平屋のデメリット

1つ目は、生活動線が長くなってしまうことです。
平屋は全てのお部屋がワンフロアに集約されていることから、移動距離が長くなることが考えられます。
そのため、平屋を建てる際はご家族全員の生活動線を考慮して、できる限り短い移動距離で済むように間取りを考えることが大切です。

2つ目は、日当たりや風通しが悪いことです。
平屋は横に大きく広がっている生活空間であるため、日当たりや風通しが悪くなりがちです。
そのため、大きめの窓を設けたり窓の数を増やしたりして対策することが大切です。

□採光を確保する間取りとインテリア

次に、採光を確保する間取りとインテリアについてご紹介します。

1つ目は、高い位置に窓を設けることです。
プライバシー面での不安から大きめの窓を設けるのは難しいという場合には、壁の高い位置に窓を設けることで、お部屋全体に明るく暖かい光を取り込めます。

2つ目は、家の真ん中に中庭や吹き抜けを設けることです。
家の真ん中に中庭や吹き抜けを設けることで、採光や風通しを確保できます。
また、中庭は近隣の方の視線を気にしなくて良いため、目隠しフェンスや塀を設置する必要がないところも魅力的です。

□まとめ

今回は、平屋のメリットとデメリット、及び採光を確保する間取りとインテリアについてご紹介しました。
おうち時間を明るく快適に過ごすためには、間取りや窓の配置を考慮して日光をたくさん取り込むことが大切です。
高崎市・前橋市周辺で注文住宅を建てる際は、お気軽に当社までご相談ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr