「いつか家を買いたいけど、いつ買うのがベストなのか分からない。」
「子ども部屋はいつから用意してあげるべきだろう。」
家の購入を考える上で、そんな悩みを抱えている方は多いでしょう。
今回は、家を買うタイミングについて、子供の年齢別に解説します。

□家を買うタイミングで多い時期

家を買うタイミングで多い時期は、4つあります。

1つ目は、結婚したときです。
結婚後すぐに家を購入することで、その後の生活において、賃貸に住む場合の家賃を節約することができます。
また、その後の生活が長いため、長期のローンを組むことが出来るメリットもあります。

2つ目は、子供が生まれたときです。
待機児童が多いエリアもある中で、子育てのしやすさを考慮した家の購入を検討できるのがメリットです。

3つ目は、子供の入園や入学のときです。
保育園や幼稚園、小学校に入学する前に家を購入することで、転校による友達との別れといったストレスを子供に与えないメリットがあります。
高校入学後の転校となると、編入試験といった転校のハードルが上がってしまうため、注意が必要です。

4つ目は、夫婦の就職や転勤のときです。
近年は勤続年数が短くても住宅ローンの審査をクリアできる場合も多いため、就職を機に家を買う方も多いです。

□子供の年齢別における、家を買うメリットとデメリットとは

子供が生まれる前や生まれたばかりで家を買う場合、子供という新しい家族と共に、思い出をその家に刻めるというメリットが挙げられます。
また、赤ちゃんの落書きといった行為に対し、賃貸のように気を使う必要はありません。

一方、妊娠中や出産した子供が1人目の場合は、今後新たな子供を授かる可能性があります。
そのため、必要な部屋数や間取りを決めることが難しいといったデメリットが挙げられます。

子供が小学生で家を買う場合のメリットには、新居を汚す危険性が低いといったことが挙げられます。
また、子供の人数も確定している場合が多いため、間取りや部屋数を決めることが出来ます。

一方、転校することは、子供の精神的負担を大きくしてしまいます。
そのため、元々と同じ学区内で家を探すことが多くなってしまい、購入する家の選択肢が減ってしまうデメリットが挙げられます。

□まとめ

家を買うタイミングと、子供の年齢別におけるメリット、デメリットについて解説しました。
家を買うタイミングは、家庭内で将来設計をしっかり立てたうえで検討しましょう。
当社は、デザインや素材による暮らしやすさを追求しています。
高崎市・前橋市周辺で家の購入をお考えの方は、お気軽にご相談ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr