家づくりの際はどうしても家の内装や外装に注目してしまいますが、地盤の強い土地探しも家づくりにおける重要な要素の1つです。
日本は地震が比較的多い国ですので、地盤の強い土地を見つけて災害に前もって対策をしましょう。
今回は、地震に強い土地の特徴や土地選びのポイントを解説します。

□地盤の強い土地の特徴

実際に地盤の強い土地を見つけることは難しいものです。
ここでは地盤の強い土地の特徴について紹介します。

1つ目の特徴は高い位置にあることです。
低い位置にある土地はもともと池や水田であったかもしれません。
そのような場所は地盤が強くない可能性が高いので地図などを利用してその土地が高いのか、かつて何があったのかについて調べておくことが大切でしょう。

2つ目の特徴は昔から人が住んでいることです。
長い間人が住んできたような土地は水害などの自然災害が起きにくい土地である可能性が高いです。
個々の土地に住人がいた歴史があるかを調べるのは難しいので、地域全体として調べるのが良いと思います。
例えば、昔から有名な住宅地などを調べて、そのような地域を基準に探すのも良いでしょう。

3つ目は土地が固いことです。
土地そのものが固くなっているものを硬質地盤と呼びます。
硬質地盤は比較的固い素材を含んでいるために自然災害に強い傾向になります。

□土地選びのポイントとは

ここまで地盤の強い土地の特徴について説明してきました。
では実際にどのように土地を探すべきなのか、土地選びのポイントについて解説します。

1つ目のポイントはすべての自然災害に対応する土地は存在しないことです。
前半で高い位置にある土地は地盤が強いと説明しましたが、これは一般的なもので、傾斜が急なところでは地滑りや土石流などが起こる可能性もあります。

一方、低地では洪水や津波の影響を受けやすい土地が多くなっています。
あらゆる自然災害に対応する土地を見つけるのは難しいため、その土地の傾向をつかみそれに対して有効な準備をすることが大切です。

2つ目はハザードマップを活用することです。
ハザードマップは津波や洪水などの自然災害の被害の予測をもとに作られた地図です。
自然災害に強い土地を探す際にはぜひ目を通しましょう。

□まとめ

今回は地震など自然災害に強い土地の特徴とそれを選ぶ際のポイントについて紹介しました。
当社は特に高崎市・前橋市周辺で注文住宅を取り扱っております。
高崎市・前橋市周辺で家づくりをお考えの方はぜひ当社までご相談ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr