「玄関は南側にした方が良い」と耳にしたことはあるものの、やはり玄関の配置は迷うポイントですよね。
そこで今回は、平屋における南玄関の特徴や玄関のサイズについて解説します。
ぜひご覧ください。

□平屋における南玄関の特徴とは

南玄関の最大の特徴は、日当たりが良いため室内が明るくなり、かつ暖かいという点です。
風水的にも南玄関は縁起が良いとされており、それを理由に南玄関を選ぶ方もいらっしゃいます。
また、南側に道路がある場合は、周囲の建物に邪魔されることなく日光が室内にたっぷり届きます。

一方で、日光が常に当たるため、夏場はとても暑くなったり、直射日光により外壁が劣化しやすかったり、間取りによってはリビングが暗くなったりするといった点には不安に思うかもしれません。
このような特徴を頭に入れた上で、玄関の位置を決めていくようにしましょう。

以下では、平屋の南側に玄関を置く場合の間取りのポイントをご紹介します。

1つ目のポイントは、「収納スペースを無理なく設置すること」です。

ファミリー層に人気のある土間収納ですが、土間収納があることで南側のスペースは限られ、リビングやダイニングの日当たりが悪化するといったことが起こります。

土間収納をファミリークローゼットで上手く代用し、限りある土地を有効活用できるようにしましょう。

2つ目は、「南側リビングを実現する工夫が重要であること」です。

「リビングは日当たりの良い南側に作りたい」という方は外側からの工夫も施しましょう。南側に道路があると不安なのはやはりプライバシーの確保ですが、リビングの前に柵やフェンスを設置すれば周囲の目を遮り、かつおしゃれな外観を演出できます。

□玄関のサイズを考える際のポイントについて

玄関の理想的なサイズは3畳と言われています。
これだけの広さを確保できれば、ベビーカーや車椅子を使うご家族がいても不便に感じることは少ないでしょう。

また、広さに加えて高さも重要なポイントです。

玄関の平均的な高さはおよそ240センチとされています。
これより高くしてしまうと照明の交換がしづらくなるため不便に感じるでしょう。
逆に、240センチより低いとやや窮屈に感じてしまいます。

□まとめ

本記事が皆様の参考になれば幸いです。
当社では、お客様のご家族の成長やライフスタイルの変化に合わせた家づくりの提案をさせていただいております。
高崎市・前橋市周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひご相談ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr