固定金利には、固定金利選択型と、全期間固定金利型があります。

ただし、固定金利選択型は、2年、3年、5年、10年などの数年間の金利が
固定される特約を結ぶ住宅ローンであり、
実質は、固定金利というよりも、変動金利の性格が強い住宅ローンです。

固定金利選択型の場合は、固定金利期間終了後に、
その時点の金利で改めて変動金利型や固定金利選択型を選択することになります。

一方、全期間固定金利型の場合は、
借入期間中、金利が最初から最後まで変わらないため、
将来にわたり返済額が確定し、金利の動きに一喜一憂する必要はありません。

ただし、借入時の金利は、全期間固定金利型のほうが高いことが一般的です。
当面の金利と将来のリスクを踏まえ、選択をすることが大切です。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr