群馬県高崎市、前橋を中心に新築住宅や建て替え、リフォームを行っているLifeDesignHouse一級建築士事務所です。

「自然素材を使った住宅はどのようなものなのだろうか」
このような疑問をお持ちの方は多くいらっしゃいます。
実際に、自然由来の素材が一般的な素材と何が違うのかについてはあまり知られていません。
そこで今回は、自然素材を活用した住宅について詳しくご紹介します。

□自然素材の家とは何かご紹介!

自然素材の家かどうかということは、明確な基準が存在するものではありません。
ただ、一般的には無垢材や珪藻土、石材や和紙などの自然由来の素材がメインに使われている住宅のことを指します。

この自然素材を利用するメリットとしては、素材それぞれに機能があることが挙げられます。
例えば無垢材であれば、ジメジメした時期でも肌触りがサラッとしていて過ごしやすい環境をつくってくれます。
また、冷たくなりにくいという特性もあるため、冬場の寒い時期でも合板フローリングのような冷たさにはなりにくいです。
その他の例としては、珪藻土や漆喰などを壁に使用すれば、調湿や消臭などの効果が期待できます。

珪藻土や漆喰には湿度が高すぎる際には湿気を吸い、湿気が低すぎる際には湿気を吐き出す特性があります。
そのため、室内の湿度を調整してくれる効果が期待できます。
同時に部屋のニオイも吸収するため、消臭効果も期待できます。

このように素材そのものに機能があるのは自然素材の特徴と言えるでしょう。

□一般的な家との違いとは?

一般的な家と自然素材の家の違いとして、まず住み心地が挙げられます。
先ほどご紹介した通り、自然素材にはさまざまな機能があるため、季節を問わず過ごしやすくなります。
快適な住まいを実現したい方には自然素材の家はおすすめできます。

次に、メンテナンスが挙げられます。
一般的な住宅に比べて自然素材の家はメンテナンスに少し手間はかかります。
ただ、素材そのものは長持ちするものが多いため、日々のお手入れをしっかりとしていれば大きなメンテナンスは必要ありません。

最後にコストが挙げられます。
自然素材の家はその他の家に比べて費用はかかりやすいです。
ただ先ほども述べた通り素材そのものの寿命が長いため、維持費自体は負担が軽くなることがあります。

以上が一般的な住宅との主な違いになります。

□まとめ

今回は自然素材の住宅の特徴について詳しくご紹介しました。
自然素材を活用した住宅は、今回ご紹介したようにさまざまなメリットが存在します。
過ごしやすい住宅を実現したい方はぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。
本記事が住宅を建てられる際の参考になれば幸いです。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr