「注文住宅を考えているけど何からすれば良いのか分からない」
「予算をどう設定すれば良いのか知りたい」
このような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
流れが分からないと、購入を躊躇してしまいますよね。
そこで今回は、注文住宅の流れと予算決めのポイントについて解説します。

□注文住宅の流れとは

注文住宅を建てる際の流れは、土地を所有しているか、していないかで流れが変わります。
土地を所有していない場合はまず、土地、住宅、諸費用の予算総額を検討しましょう。
予算が決まれば土地を探し、外観や間取り、使用設備などの家のイメージを検討してください。
土地を見つけて住宅のイメージも固まれば、融資を受けて土地を契約し、依頼する建築業者を決めましょう。

そして、建築請負契約と住宅ローンを締結し、地鎮祭を行った後に施工が開始されます。
土地を所有している場合は家を建てる場所が決まっているので、上記の手順から土地探しと土地の契約作業を省けます。

□注文住宅の予算決めのポイントとは

*住宅購入にかかる費用の内訳

注文住宅を建てる際に必要な費用は大きく4つに分けられます。
1つ目は土地購入費です。
土地を所有している方は土地を購入する必要はありませんが、地盤の改良が必要な場合は工事費用がかかります。
2つ目は本体工事費で、建物本体を建てるためにかかる費用のことです。
3つ目は別途工事費で、庭や駐車場などの外構工事や、内装や設備などの整備にかかる費用のことです。
4つ目は諸費用で、印紙税や登録免許税などの税金や、火災・地震保険料、住宅ローンの保証料などが含まれます。

*予算決めのポイント

まずは自己資金としてどれくらい用意できるかを考えましょう。
この時、用意できる自己資金すべてを住宅購入の初期費用として充てるのではなく、新生活を始めるための余裕を残して計画を立てるのが大切です。
そして、住宅ローンの借入額を決めましょう。
無理なく返済を続けるために、年収の25パーセントを12で割った金額が月々の返済額となるようなプランにするのが良いでしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の流れと予算決めのポイントについてご紹介しました。
当社では、「設計士と一緒に暮らしをデザインする」をコンセプトに、お客様の希望に沿いつつ暮らしやすさとデザイン性を兼ね備えた住宅を提案しています。
高崎市・前橋市周辺で注文住宅をご検討中の方はぜひ当社までお問い合わせください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr