「住宅の屋根で悩んでいる」
「屋根にはどのような種類があるのかな」
このようにお考えの方も多くいらっしゃるでしょう。
今回は、住宅購入をお考えの方へ屋根の種類について解説します。

□屋根の種類にはどのようなものがある?

日本の代表的な屋根には、主に以下の種類があります。

・切妻屋根
・寄棟屋根
・片流れ屋根
・方形屋根

切妻屋根はとても一般的で、住宅でよく見られる三角の屋根のことです。
構造がとてもシンプルで、雨漏りが少なくメンテナンス費用も安価に抑えられる傾向があります。
軒がない側面に太陽光や雨水が当たりやすいので、外壁が劣化しやすい点がデメリットです。
多くの住宅で採用されているので、屋根に個性を求める方は物足りなさを感じてしまうかもしれません。

寄棟屋根は、屋根の中心部分から四方に屋根面が分かれています。
4方向すべてに軒があるので、雨風や日差しから外壁を守りやすくなる点がメリットです。
切妻屋根に対して継ぎ目が多くなるので、建設費が高くなったり雨漏りが発生しやすくなったりする点には注意しましょう。

片流れ屋根は片方だけに傾斜面がある形の屋根です。
シンプルですっきりした見た目なので、最近の新築物件ではよく見られます。
工事費用やメンテナンス費用を抑えられる点がメリットです。
雨水が一辺にしか流れない点や、一つの壁面に雨水が当たりやすい点には注意が必要です。

方形屋根は寄棟屋根に近いですが、建物がほぼ正方形に近いです。
メリットやデメリットに関しても寄棟屋根と同様です。

□屋根の形を決める際の注意点とは?

*家を守る機能

屋根には断熱性や防水性、耐震性のように家を守るための役割があります。
屋根の形によっては一つの機能に特化しているもの、まんべんなく機能性を備えたものなどがあります。
自分が求めている機能を備えているかどうかあらかじめ確認しておきましょう

屋根の形だけでなく、瓦やガルバリウムなどの屋根材によっても機能性は異なります。
住む地域や場所の気候に合わせて素材を選ぶと良いでしょう。

*メンテナンスコスト

住宅を建てるときの初期費用はもちろんですが、家に住み続けるためにはランニングコストがかかります。
具体的には、定期的に行うメンテナンス費用や、大掛かりなリフォーム費用などがかかります。
初期費用だけを重視して屋根の形を決めると、ランニングコストがかさんで結果的に費用が多くかかることがあります。
長期的に住むことを考慮して屋根の形を決めるようにしましょう。

□まとめ

今回は、住宅購入をお考えの方へ屋根の種類について解説しました。
当社では、高崎市・前橋市周辺で住宅に関するお悩み相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr