車を持っている場合は駐車場を借りる、または車庫を設置する必要があります。
しかし、ここでは車庫を外に作るか、インナーガレージにするかなどで迷ってしまうことがあるでしょう。
そこで今回は、インナーガレージハウスについて紹介します。
ガレージ設置を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

□メリットとデメリットについて

ここでは、インナーガレージハウスのメリットとデメリットをそれぞれ解説します。

*メリット

メリットの1つ目は、車を守れることです。
外に車を置かないため、雨風から車を守れることはもちろん、いたずらや盗難などの被害からも車を守れるので、自分の車を綺麗に保ちたい方におすすめです。
シャッターや鍵のない駐車場と比べると、断然安心できるでしょう。

メリットの2つ目は、乗り降りや出し入れが楽だということです。
建物の中にガレージがあり、部屋とガレージの距離が近いため雨の日や荷物が多い日などは特に便利に感じるでしょう。
また、子供やお年寄りがいる場合も、車までの距離が近いと外出の負担を減らせるのでおすすめです。

*デメリット

デメリットの1つ目は、音と排気ガスです。
室内にガレージがあるので便利な反面、車の音が部屋に聞こえやすくなる上に換気できる作りにしなければ、排気ガスのにおいにストレスを感じる可能性があります。
そのため、換気扇やシャッターをつけて対策をするようにしましょう。

デメリットの2つ目は、間取りと強度です。
住居の中にガレージを設置する分、1階の自由度が減ってしまうので注意が必要です。
また、1階に開口部を大きく取ることになり、建物の強度の対策する必要があるため、強度が上がるような作りにするようにしましょう。

□後悔しないためのポイントについて

続いては、インナーガレージで後悔しないためのポイントをご紹介します。

1つ目は、将来を見据えた間取りにすることです。
インナーガレージは、住居と一体化しているため、後から作り直すことが難しいです。
将来的に車が増える可能性やコレクションをする可能性がある場合は、あらかじめガレージを広く取っておくと、後悔せずにすむかもしれません。

2つ目は、耐震性に注意することです。
居住スペースの横にインナーガレージを作った場合、耐震性はそれ程失われませんが、居住スペースの1階にガレージを設置した場合は耐震性に注意しておきましょう。
骨組みの素材を工夫したり、構造に工夫を加えたりすると良いです。

3つ目は、固定資産税を意識することです。
固定資産税の課税の要素を持っていますが、つくりが簡単な場合は評価額が低くなるので、つける機能の数にも注意しましょう。
知識がないと難しい場合もあるので、専門家に相談して慎重に進めるようにしましょう。

□まとめ

この記事では、インナーガレージハウスについてご紹介しました。
家のデザインに含め、駐車場のデザインとなると大変ではありますが、税金にも関係してくるため、手を抜かずに専門家に相談しながら進めるようにしましょう。
高崎市・前橋市周辺でガレージ設置を検討している方は、ぜひ一度当社までご相談ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr