住宅の設計を行う際に、一番最初に行うのがプランニングです。
ご自身の理想を叶えた住宅を実現するためにも、このプランニングはとても重要です。
今回は、住宅のプランニングの方法と間取りの基本をご紹介します。
ぜひご参考にしてください。

□プランニングの方法をご紹介します!

*理想を実現する

建てられる住宅でどんな暮らしがしたいかが、プランニングの中で最も重要な項目です。
ご自身のこだわりや理想の優先順位をつけて、プランニングに反映させましょう。
しっかりと反映できれば、住み始めてからの満足度に繋がります。

*住宅と部屋の広さを考える

住宅と部屋の広さは、住んでいる家族のことを考えて決定しましょう。
大きければ良いということはなく、冷暖房の効率が悪くなることや、将来不要なスペースや部屋ができてしまう可能性があります。
現在は子供が1人という場合でも、これから増えることや大きくなって巣立つことなど、考慮する点はたくさんあるでしょう。
そのため、プランニングでは仕切りを変えられるような、フレキシブルにできる計画を立てることをおすすめします。

*収納を考える

住宅を建てた後によく耳にするのは、収納を増やすべきだったという意見です。
事前に収納するものを把握し、その収納するものとこれからの購入品に備えて、大きめに収納をつくることをおすすめします。

□間取りの基本についてご紹介します!

1つ目に考えるのは、土地の形状にあう間取りです。
住宅の面している道路の向きと逆に玄関を設置してしまうと、不便であり防犯面にも問題が生じます。
周囲の住宅をお手本に、窓の向きや道路との距離感などのイメージを掴みましょう。

2つ目に考えるのは、周囲の環境にあう間取りです。
人通りの多い道路にある住宅では人目を避けるような間取りが好ましく、自然が感じられる住宅では開放的な間取りにした方が好ましいです。
周囲の環境を踏まえて、快適な暮らしができるような間取りにしましょう。

3つ目に考えるのは、家族の生活動線です。
生活動線とは、生活をしている上で移動するルートを線にしたものです。
調理をしている近くにトイレがあると、人の通りが多くなって調理の邪魔になる可能性があります。
家族全員の生活動線を考え、優先順位の高いものから間取りに反映させましょう。

□まとめ

今回は、住宅のプランニング方法と間取りの基本をご紹介しました。
住宅を建てる際には、入念にプランニングすることをおすすめします。
当社は、高崎市・前橋市周辺で家づくりのお手伝いを行っております。
住宅のプランニングでお悩みの方は、お気軽に当社までご相談ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr