平屋はバリアフリーやシンプルな作りに優れているため、多くの方が平屋に住んでいます。
しかし、防犯面で考えると平屋はマンションなどに比べて懸念点が存在します。
今回は、平屋がなぜ空き家のターゲットになりやすいのかと、平屋の防災対策についてご紹介します。
平屋の防犯面が気になる方はぜひ参考にしてください。

□平屋が空き巣のターゲットになりやすい原因をご紹介します!

平屋は、1階建ての住宅のことを言います。
上の階への登り下りがなく出口も近いことから、高齢者にも優しく、災害時の安心感があることがメリットです。

しかし、平屋は空き家に狙われやすいというデメリットが存在します。
ここでは2つの空き家のターゲットになりやすい原因をご紹介します。

1つ目は、セキュリティがないことです。
近年のマンションやアパートでは、エントランスにパスワードの入力やカードのタッチを行わなければ、入ることのできない防犯が行われています。

しかし、平屋は一戸建てなので簡単に近づくことができます。
地面と接しているので空き巣が簡単に住宅に近寄れるので、侵入される危険性が高まります。

2つ目は、平屋が開けた場所にあることです。
平屋を建てるにはある程度の土地面積が必要です。
何人暮らしなのか、何時に帰ってくるのかという内情が簡単に把握されてしまいます。

□平屋の防犯対策についてご紹介します!

1つ目は、防犯フィルムや防犯ガラスにするといった窓に対策をすることです。
窓に対策をすることで、空き巣の一番の侵入ルートである窓からの侵入を防げます。
空き巣は時間がかかると侵入を諦めると言われています。
窓に対策を行い、空き巣の侵入を防ぎましょう。

2つ目に、監視カメラを設置することです。
空き巣が家に近づく場面を録画し、空き巣を警察に捕まえてもらうことができます。

また、監視カメラを設置する費用をかけたくないとお考えの方は、センサーライトがおすすめです。
センサーライトとは人が近づくと点灯するライトのことです。
センサーライトを置くことで、空き巣に見られているという意識を持たせる効果や、一目につきやすくなる効果が期待できます。

□まとめ

今回は、平屋がなぜ空き家のターゲットになりやすいのか、平屋の防災対策についてご紹介しました。
当社は、高崎市・前橋市周辺で注文住宅や新築住宅の販売を行っております。
平屋の防犯面が気になる方、住宅の購入をお考えの方は当社までお気軽にご相談ください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr