「理想的な生活しやすい家を建てたいけれど、コストが予算を超えないか心配だ。」
人生で最も高価な買い物であると言われるだけに、そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
今回は、家を建てるのに必要なお金の全体像とその詳細について、解説していきます。

□家を建てるのに必要なお金とは

家を建てる際に必要なお金は、大きく3つに分けられます。

1つ目は、建てる家本体の価格です。
建てる家が戸建てである場合は、その立地や広さが価格を大きく左右します。

2つ目は、家の購入時にかかる諸費用です。
例えば、一部資金として最初に支払う頭金や、不動産仲介会社で家を購入する場合の仲介手数料、登記費用、不動産取得税などがあります。
その他、金融機関によってはさまざまな手数料がかかることにも注意が必要です。

3つ目は、家の購入後にかかる諸費用です。
まずは、固定資産税がかかります。
家の所在地が市街化区域にあたる場合は、都市計画税もかかります。

また、家は年月の経過とともに劣化するため、必要に応じて修繕費がかかります。
加えて、建てた家に合わせて家具を購入する場合は、その費用がかかることも頭に入れておきましょう。

□家を建てる際にかかる費用の具体的な金額とは

国土交通省の「平成30年度・住宅市場状況調査」によりますと、家を建てる際にかかる平均費用は、土地付き注文住宅の場合で、3,971万円、建物のみの場合で3,491万円となっています。
建物以外の土地の広さや地域の土地代によってその差は大きく影響してきます。

土地代は、都心エリア、駅の近く、スーパーなどのお店が近い場所になるほど高くなる傾向にあります。
国土交通省の調査によりますと、東京エリアの1㎡あたりの平均地価は約24万円、大阪は約17万円であるのに対し、人口10万人以上の地方では約5万円となっています。

建物の建築費につきましては、エリアによってそれほど差はありません。
首都圏の相場が3,694万円であるのに対し、近畿圏は3,504万円、地方では3,228万円となっています。

しかし、首都圏と地方では、床1平方メートルあたりの建築費が約5万円異なることには注意しておきましょう。

□まとめ

今回は、家を建てる際にかかる費用とその金額について解説しました。
家を建てる際は、エリアや土地の広さが費用に大きく影響することに注意しましょう。
当社は、デザインや素材による暮らしやすさを追求した住まいを提供しています。
高崎市・前橋市周辺で住まいをお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。


💙 Instagram更新中!💙 life.design.house

フォローをお願いします!
ライフデザインハウス_インスタグラムqr